お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

よくあるご質問

FAQ

みなさまより、よくいただくご質問にお答えします。
他に質問があれば、ご遠慮なくお問合せください。

お問合せ先について

お問合せは、E-mailまたは電話にて受け付けています。
人事部 人材開発G 採用担当までご連絡くださいませ。

お電話でのお問い合わせ

050-3201-0141

メールでのお問い合わせ

勤務について

職場の雰囲気はどんな感じでしょうか

ITエンジニアという仕事柄、大人しく静かで落ち着いたイメージもあるかもしれません。
しかし実際は、お客様(ユーザー)や上司・同僚・後輩、協力会社の方など、人とコミュニケーションを図っている時間の方が圧倒的に多いです。お昼休みや休憩時間はもちろんのこと、会議や打合せの際にも元気の良い話し声が聞こえてきます。また、上司部下の垣根は低く、ちょっとしたことでも気軽に相談できる自由な雰囲気があります。会社から親睦費用として飲み会の補助もあり、会社全体で職場のコミュニケーション活性化に努めています。なお、現在はコロナウイルス対策の特例でリモート懇親会に対して補助の実施をしています。

残業時間はどれくらいですか

全社平均で月27.1時間ほどです。会社全体として働き方改革を推進し、無理のない職場環境を構築しています。もちろん、業務の繁忙状況に応じて変化しますが、残業の多い月でも上司による業務コントロールはもちろんのこと、産業医・保健師にいつでも相談できる環境の構築や多残業健康診断を義務化するなど、会社全体で社員の健康には気を配っています。

年次有給休暇の取得状況はどれくらいですか

入社1年目は有休を11日付与。(4月入社の場合。入社月によって変わります)
2年目は17日、3年目18日、4年目19日で、5年目以降は年間20日付与されます。
なお、一人あたりの平均有休取得数は13日です。

パソコンやイントラネットなどのIT環境はどうなっていますか

業務に専念できるよう、パソコンは必要十分なスペックのものを支給しています。
また、業務上必要なメンバーへのiphone支給、M365、Teams、OneDrive等をはじめとする各種クラウドツールの活用により、生産性の高いIT会社にふさわしい環境を整備しています。

服装は自由ですか

トヨタシステムズでは、「リラックスした雰囲気の中で仕事の効率を上げ、新たな発想を呼び起こそう」という主旨でビジネスカジュアルを採用しています。

海外との業務はありますか

当社で開発したシステムが、トヨタの海外現地法人で利用されており、システムの導入や運用支援といった局面で、海外とのやり取りが発生します。具体的な手段としては、メールのやり取りやTV会議、海外出張があります。また、必要に応じて、トヨタの海外現地法人へ赴任し、トヨタ自動車(日本)と海外現地法人間の架け橋となり、コーディネータとして一定期間勤務するケースもあります。

女性が働きやすい制度はありますか

産前産後休暇、育児休職、介護休職の制度があり、実際に多くの方が活用され、復職後も休職前の業務についていただいています。また、早期に仕事復帰したい方には、ベビーシッター代や託児所代を会社が支給する制度が人気です。女性に限らず、男女ともに働きやすい職場を目指しています。

配属先・勤務先決定について

配属先・勤務先
決定について

希望職種(システム開発エンジニアとインフラエンジニア)の希望は面接中に決定しないといけませんか

エントリーシートを提出頂く際に、希望職種を記載して頂きます。
※その時点で不明の場合は、現時点で不明を選択頂けます。

配属先はどうやって決められますか
  1. 新卒入社
    配属希望を募ったうえで、1人ひとりの能力や特性を勘案し、最適な職場(部署)を決定します。
    そのため、インターンシップや説明会などへご参加いただき、志望理由やチャレンジしてみたいことなど、皆さんの思いを明確にしておいてください。もちろん、社内ローテーションも可能です。
  2. 中途入社
    原則、職務内容ごとに求人しているため、応募いただいた求人に基づいた配属となります。但し、スキル・経験値に応じて、より能力が発揮できる組織へ配属となる可能性もあります。
配属まではどういった流れですか

以下の流れで行う予定です。

・入社前 9~10月頃:
各本部の業務と仕事内容、職場の雰囲気、培うことのできるスキルなどの詳細説明を受けて頂いた上で、希望本部を回答頂きます。

・入社前 11~3月:
学生時代の学習内容、スキル・知識、適性、興味関心を総合的に勘案し、配属部署を検討いたします。

・入社後 4~6月:
入社後の集合研修にて最終確認の上、 配属先が確定します。

プロジェクトにはどのような流れでアサインされますか

お客様のニーズ、組織のリソースの状況、個々の社員のキャリアステップなど様々な要因を考慮して、プロジェクトのアサインを決定いたします。よって、画一的なプロセスはございません。
また、当社では、職種別のキャリアマップが整備されており、上司との面談の中で、それらをベースに進みたいキャリアを上司と合意した上で、プロジェクトアサインを計画していきますので、本人の意向や適性を可能な限り考慮したアサインを行います。

勤務地はどこになりますか

新入社員の場合、入社後の主な勤務地は愛知県の名古屋市と豊田市となります。中途入社の場合は、職務内容ごとに決定するため、東京本社や各地の事業所となる可能性もあります。
まずはトヨタ自動車に近い環境で、トヨタのビジネスに触れながらシステムやネットワークに携わっていただきます。各分野は顧客の所在地によっていくつかの事業所に拠点を置いています。そのため、顧客の所在地や従事する仕事の内容によって勤務先が決定します。
また、東京本社にはR&D分野やデザイン分野など最先端の技術に携われる環境を用意しています。

新人が配属されるエリアはどこですか

名古屋エリア:豊田エリア = 約7:3 ※2021年度実績

社員の勤務地の割合はどのようになっていますか

東京本社(2.5%)
大阪営業所(0.2%)、九州営業所(0.3%)、東北営業所(0.1%)
愛知県内の事業所(96.9%)
※2021年4月1日時点

入社後の異動はありますか

本人のキャリア形成の観点から、入社後の異動の可能性はございます。
住居の移転をともなう異動についての可能性は高くありませんが、実施する場合は、本人の意思を尊重するなど、配慮を行っています。

異動に関して希望は何年目から出せますか

異動希望は年1回の自己申告にて申告可能です。(入社1年目は対象外)
本人希望と受入部署のニーズがマッチすれば、自らの意思で異動することも可能です。

分野を超えた異動はありますか

頻繁ではないが、分野をまたいで異動されたケースはございます。
在籍年数による異動のしやすさ・しにくさはなく、本人希望と受入部署ニーズのマッチングに左右されます。

海外での勤務はありますか

ドイツ、ベルギー、シンガポール、タイ、インド、インドネシア、中国、アメリカ、メキシコなどトヨタ自動車の海外エリア総括管理関連会社へ出向するケースもあります。
また、システムの切替や導入など、2-3週間の短期で海外へ出張することもあります。
ただし部署によって海外出張の頻度は異なります。海外勤務を希望すれば積極的にチャレンジできる環境があります。

自動車通勤は可能ですか

公共交通機関を使用することが不便である場合に限り可能です。この場合、駐車場料金の一部補助も行っています。

健康管理・福利厚生について

健康管理・
福利厚生について

どのような健康管理・福利厚生に関する制度がありますか
住宅補助はありますか

会社契約の民間アパート(※)を、家賃の25%負担で貸与する制度があります。
家賃上限は8万円となり、それを超える部分は自己負担となります。(東京勤務の場合は、上限10万円)
なお、下記2つの条件を満たす場合に、30歳到達まで適用されます。

  1. 勤務地が愛知県内の場合、実家住所が「名古屋本社」または「豊田オフィス」から片道直線距離75㎞以上
  2. 勤務地が愛知県外の場合、実家住所が自身の勤務するTS事業所から片道直線距離75㎞以上
    ただし、出向・社外常駐等により、TS事業所以外が勤務地となる場合は、 最寄りのTS事業所から片道直線距離75㎞以上

※賃貸住宅は【リロネット】というサイト掲載のものから自由に選択いただきます。
※家-会社間の距離はMapionキョリ測(URL:http://www.mapion.co.jp/)にて計測しております。

入社時の転居について補助はありますか

新卒入社の場合、新居探しのための交通費、新居契約時に支払う礼金・仲介手数料の補助、敷金(保証金)の一部融資、重複家賃の補助、引越費用(移動交通費含む)の補助を行っています。
キャリア入社については敷金(保証金)の一部融資以外の制度を実施しています。

健康管理面での配慮はしていただけますか

会社を支えるのは社員の皆さんであるという認識に立ち、社員の健康管理には他社と比べても手厚くサポートしています。

  1. 健康診断(年齢により生活習慣病健診)
  2. 多残業者に対する健康診断の義務付け(一般社員、管理者のすべて)
  3. 産業医による内科およびメンタル相談

また、長期休職した方に対するフォロー制度(短時間勤務など)も制度化し、運用しています。

勤務先は禁煙でしょうか

働く人の健康維持や健康的な社会づくりへの貢献のため、2011年4月1日をもって、就業時間中は全面禁煙となりました。

専門知識・英語・自己啓発など

専門知識・英語・
自己啓発など

どのようなコンピューター言語を用いて開発を行っていますか

携わるシステムによって異なりますが、汎用系システム開発の場合はCOBOLやPL/1を用い、オープン系システム開発の場合はJava、C、C++、VC++、SQLなどを用いています。

新卒の場合、入社までに専門知識はどの程度必要でしょうか

入社してから専門知識を学んでいただきますので、必ず学んでおかねばならないというものはありませんが、入社直前には予備学習をしていただくこともあります。 また、プログラム言語などシステム開発に関する知識がない方も、入社後の各部専門研修でしっかり学んでいただくことができますので、ご心配はありません。

英語力は必要ですか

英語力が十分でないと仕事ができないということはありませんが、海外出張、原書読解、電子メール等、英語を必要とするケースが出てきますので、入社後も英語力強化に努めていただきたいです。その際は、社内の英会話教室やTOEIC受験の機会を十分活用してください。

自己啓発(公的資格取得、語学学習など) 支援の制度はありますか

社員一人ひとりにプロフェッショナルを目指してもらっており、そのための自己啓発に対して当社は支援を惜しみません。国家試験である各種情報処理技術者試験や、各種ベンダー資格など、TSのビジネスに関連する資格を自らで学び・取得した際には、報奨金を支給いたします。また、英語力強化に対しては、TOEICのスコアごとの報奨金、社外英会話教室の受講費用補助(50%)も行っています。

選考方法・入社について

選考方法・
入社について

新卒の採用区分について教えてください

当社は、技術総合職としてシステムエンジニアやインフラ・ネットワークエンジニアを募集しています。
また、エンジニアリング分野・コーポレート・ファイナンス分野・インフラ分野と3つの異なる領域に分かれており、それぞれのステージでやりがいのあるチャレンジができます。
文系理系問わずエントリーが可能です。詳細はマイナビ、リクナビの当社ページをご覧ください。

システム開発エンジニアととインフラエンジニアの違いは何ですか

システム開発エンジニア…システム開発を主たる業務とする職種。お客様の課題やニーズをヒアリングして課題形成し、最適なシステムを企画・提案~開発~運用を実施。新人研修ではプログラミングを中心に学びを深めていきます。
インフラエンジニア…ネットワークやサーバ等のITインフラ企画・構築やサービス提供、安定したインフラ運用とユーザー目線でのサポートを実施。新人研修ではOA、インフラ周りの知識を学ぶ場合が多いです。また、Teams等のオフィスICTツールの企画・導入・運用についても、当社ではインフラエンジニアが担っております。

障がい者の採用は行っていますか

職務の性質、事業所の設備の関係で、すべての障がいに対応できるわけではありませんが、障がい者の採用は新卒・キャリアともに積極的に行っています。(毎年1~2名程度の採用実績あり)
遠慮なくお問い合わせいただきたいと思います。

留学生の採用は行っていますか

採用しています。所定の学業を修め、採用基準に達している方に対して、日本人と同様の選考を実施しています。

SCROLLPAGE TOP

© TOYOTA SYSTEMS. All Rights Reserved.