お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

Product & Services

製品情報&サービス紹介

MaxSHOT 3D

MaxSHOT 3DはカナダのCreaform社が開発したフォトグラメトリ(写真測量)システムです。 HandySCAN 3DやMetraSCAN 3Dなどのスキャナと組合わせて利用することで、大物測定時の精度向上に威力を実現します。

フォトグラメトリ(写真測量)の活用で大物測定物の測定精度が向上!

HandySCAN 3D、MetraSCAN 3Dとの併用が可能

大物の測定時は累積誤差が増加するため、形状全体を一気にスキャン出来ず、小さな領域に分けて複数回測定し、後工程でのデータ合わせを行う必要があり工数ロスが発生してしまいます。そこで、大物測定時にMaxSHOT 3DとCreaform社製スキャナを併用することで、測定領域の分割は不要となり、後工程のデータ処理も不要となります。

  1. コード化ターゲット+スケールバーを複数方向から撮影し基準空間作成
  2. スキャンしたデータは1で作成された基準空間をもとにマージされるため、大物でも高精度な測定が可能に

<HandySCANとの併用時>
■MAXSHOTあり・なしの容積精度の比較(5mの形状を測定した場合)
・MAXSHOTなし:0.32mm
・MAXSHOTあり:0.095mm
⇒約3.4倍の精度向上!

簡単・確実な操作

MaxSHOT 3Dによる作業ステップはシステムにより自動表示されます。そのため、作業者はシステムからの情報に従って作業するだけの簡単操作で基準空間の作成が可能です。

<MaxSHOT 3Dによる基準空間作成イメージ>

関連動画