お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

キャリア形成

Career Development

Career
Development

トヨタシステムズにおける
キャリア形成

キャリア形成の流れ

トヨタシステムズはトヨタグループという巨大な事業基盤の上で、さまざまなITシステムやインフラ・ネットワークの提供に加え、トヨタ自動車の掲げるモビリティサービスを構築するためのシステムや仕組みづくりにも取組んでいきます。
トヨタの基本理念や全世界のトヨタで働く人々が共有すべき価値観や手法である「トヨタウェイ」をベースとし、よりレベルの高いステージで活躍できるよう、“若い年代からお客様(ユーザー)との直接やりとり、上流工程の担当、チャレンジングな業務を担当できる“これこそ、トヨタシステムズにおけるキャリア形成の大きな特徴です。

若手

新卒社員は入社後2~3年間で、プログラミングやコンピューターインフラ実装など、コンピューターのイロハを身につけていきます。
ITスキルの集合研修や職場でのOJTにて、インプットとアウトプットを繰り返しながらITスキルの土台を作ります。
その後は、システム構築における要件定義~設計、テスト~導入~維持管理など、役割をシフトアップし各局面を経験していきます。

中堅・リーダー

システム構築における要件定義~設計、テスト~導入~維持管理の各局面を経験していただきます。この時期からお客様先に出向き直接やり取りが始まります。経験を積んでいき、スキルの伸張を見計らった上で各局面のリーダーや、小さなプロジェクトのリーダーを担当することになります。また、このころになると後輩社員も増えてきますし、協力会社のメンバーにも指示をするという立場になってきますので、マネジメント業務の基礎を経験し、学習することになります。

プロフェッショナル
(高度プロフェッショナル)

お客様へのヒアリングを通じて最適なITソリューションを企画・提案します。さまざまな情報システム開発業務におけるプロを目指す、あるいはシステム運用のプロ、また開発したシステムや各種のデジタルデータ等の活用を行うプロ、などの職種を選んでいただくことになりますただし、職種を選択したら、その後は一切変更できないというわけではなく、本人の希望や、成果・能力・適性を勘案した上で、職種を転換することがあります。

マネージャー
(上級マネージャー)

組織の長である「部長」や「グループマネージャー(GM)」に任命され、各組織のミッションの遂行管理、部下の育成、評価などの業務で経営参画を目指していきます。

キャリア形成のための仕組み

キャリア形成の
ための仕組み

キャリア形成のために、下記のような仕組みを用意しています。

自己申告制度

年1回、今までのキャリアを振り返り、中長期的なキャリア形成について本人と上司が話し合う場を設けています。
そのうえで、今後担当したい業務や組織間の異動・身に付けたいスキルなど、自律的キャリアを推進します。希望者によっては、事業部をまたいだ異動など社員のチャレンジを支援します。

修行制度

キャリアの複線化を目的とし、今まで形成してきたキャリアをベースに、新たな分野へチャレンジしていただきます。社内の別事業部に留まらず、お客様先へ出向し、お客様のビジネス自体を学ぶこともあります。
個人スキルやタレント性などの発掘や今まで培ったスキル・経験を元に新規ビジネスを起案するなど、社員の可能性をさらに拡大させる制度です。

キャリアデザイン研修

入社6年目の社員が一律受講します。キャリアプランはもちろんのこと、自身のライフプランも含め、一度立ち止まって考える機会を提供します。

SCROLLPAGE TOP

© TOYOTA SYSTEMS. All Rights Reserved.